BLOG

October 27, 2017 _ 日常

語りきれないものを語る。

先日の記事「BABAKAGU」の続き。

(株)馬場家具様のハイエンドブランド

BABAKAGUの魅力をショールーム空間の中で

どうやって「語りかける」のか?

そしてそれに空間インテリアはどう寄り添えるのか

そんな体験の中からいくつか気づくことがありました。

全小売業、全製造業。政治を行う方から、歌うたいまで。

全ての方々において「どう語りかけるか」かが問われる時代。

 

優しくでも熱くでも、言葉だけでなく態度でも。

音でも温度でも色でも。

「でも、短めにね」

みたいな時代にどう語りかけるか。

「BABAKAGU」のソファの魅力にも

短めになんて語れない

お伝えしたいことが、沢山ある。

馬場家具様の営業さん、工場長さん、企画の方や

仕入れの方まで。全従業員様にある。

 

だからこそこのショールームに足を運んでみてほしい。

本革のソファに座って触れて。

インテリアに携わるお仕事をして見える方なら

そこから必ず、物語りは聞こえてくるはずです。

沢山を語らなくても。